お部屋探しから物件の契約までの流れをご説明します!引越しの不安を豆知識で解消!快適なお部屋を見つけましょう。




お部屋探しの理由は様々です。せっかくの新居ですから、少しでも快適な環境で安心出来、そして気持ちのよい部屋に住みたいという気持ちは皆さん同じです。「引越しは不安だらけ・・・」という方もこれで解消!

@ 始めに予算を確定させましょう
一般的に家賃は収入の3分の1以下が目安と言われています。

毎月必ず支払わなければならない家賃も、無理のない予算設定が肝心です。
ボーナスや臨時収入などは予算に組み込まないほうがベター。
忘れがちな駐車場代、電気、ガス、水道、電話などの公共料金も考慮して、条件に優先順位を付けましょう。



A 条件を確定させさせましょう
予算内で選ぶには、最寄駅や沿線、住む場所にこだわるのか、それとも部屋の広さや間取りにこだわるのか
など、自分の希望に優先順位をつけメモしておきましょう。

誰だって新築で広くて交通アクセスの良いところに住みたいと思うでしょう。
でも、そんな条件のそろった物件は、家賃だって当然高くなります。
予算内で探すには、絶対譲れない条件と、場合によっては譲ってもよい条件とを明確にしておくことが大切です。



B 何事もぬかりなくチェックすること
引越した後になって「駅までこんなに遠かったっけ?」とならないためにも実際に歩いてみるのもポイントです。

賃料のほか、様々な条件がそろったら気になる物件をチェックし電話やメールで問い合わせをして、不動産会社を訪ねてみましょう。
不動産会社は車で案内してくれますので近く感じますが、実際は自分で毎日歩く距離です!!駅までの距離を歩いてみましょう。
下見では外観や内装などの建物の状態は勿論のこと、日当たり、買物の出来る店、周辺環境や交通機関の便利度も
チェックしておきましょう。環境はしっかりと自分の目で確認して見極めましょう。



C 物件決定
気に入った物件が見つかったら、入居申込書等の書類に必要事項を記入します。
入居申込書は入居審査のための資料です。
入居審査とは、入居申込書や提出書類(審査の際に収入証明や在籍証明の提出が必要な場合もあります)をもとに大家さんや物件の管理会社、家賃の集金会社などが申込みをした物件への入居が適しているかを判断するものです。
収入や勤続年数、業種、過去の支払いの遅れの有無、保証人の保証能力などが審査の対象となります。ほとんどの場合、審査の際に保証人や勤務先に確認の電話が入りますので、事前に連絡しておきましょう。

連帯保証人の勤務先概要など不明な部分が多いですが、申込書の必要項目が埋まるまで
物件を抑えられない場合が多いので、なるべく事前に聞いてメモしておくか、記入時に連絡をとって、
その場で記入した方が良いでしょう。

審査は約1週間位はかかります。この書類をもとに審査を行いますので、正直に記入しましょう。あとで虚偽とわかった場合、
契約は出来なくなることがあります。



D 審査終了
入居審査が終了すると審査結果の連絡が来ます。
審査に問題ない場合は、契約日・契約金の詳細・契約時に必要な書類、などの説明があります。

何がいつまでに必要かをよく確認しましょう。



E 契約
必要書類を準備して契約に行きます。契約は不動産会社で行う場合が多いですが、約束の時間には遅れないように気をつけましょう。

契約書には専門用語や法律用語がたくさん書かれていますので、軽く目を通しただけでは理解できません。
わからないところや難しい点は必ず質問をして、しっかりと理解するようにしましょう。


〜各手続きはこちらから〜


運営 株式会社YOSHITOMO 〒185-0011 東京都国分寺市本多1-13-17 TEL 042-322-6611